ダイエットしてないから炭水化物はたっぷり食べてOK?

炭水化物・脂質は美肌の的!?

 

最近ダイエットに成功したアナタ、

 

「ごはん・パスタ、ケーキさくさん食べた〜い」

 

と思っていませんか?

 

ダイエットを特に意識していない場合でも、お肌には炭水化物はあまり関係なさそうに思えますよね?

 

確かに、直接的に摂って悪いということはありません。

 

むしろ、炭水化物や脂質は、健康な体を維持するために、ある程度の量は絶対に必要です。

 

でも、「お肌にいい効果」っていうのはないんですよね。

 

食べるものを意識していないと、炭水化物や脂質が多すぎる食事に傾きがちになります。

 

そして、美肌のために有効な栄養をたっぷり摂ることができなくなってしまいます。

 

最近お肌の調子が悪いな〜と思ったら、

 

「丼ものだけで済ませていた」
「パスタだけしか食べてなかった」
「忙しくて食事がおろそかになって、お菓子類ばかり食べていた」

 

なんてことありませんか?

 

ダイエットのみならず美肌のために、炭水化物・脂質に偏った食事は避けましょう。

 

美肌のための栄養素

 

では、どんな栄養が美肌のために有効なのでしょうか?

 

美肌のためには次の栄養素・食物を意識してみてください。

 

  1. 緑黄色野菜
  2. 淡色野菜
  3. タンパク質
  4. 食物繊維

 

緑黄色野菜

 

緑黄色野菜に多く含まれるβカロテン(ビタミンA)は、お肌のために意識的にとりたい成分の代表です。

 

お肌の老化を進める原因の一つに活性酸素があります。

 

体内で活性酸素がたくさん発生すると、正常な細胞が傷つけられて、肌や体が老化してしまうのです。

 

βカロテンには、活性酸素を分解する抗酸化力があるため、お肌の老化防止に役立ってくれます。

 

淡色野菜

 

淡色野菜には、すぐれた抗酸化もつビタミンCが豊富に含まれています。
その他のビタミンやミネラルも、お肌の調子を整えるのに役立ちます。

 

タンパク質

 

お肌のハリを整えるコラーゲンは、タンパク質からつくられています。
みずみずしい皮膚組織を作るために、良質のタンパク質はオススメです。

 

 

食物繊維

 

便通を整えてくれる食物繊維は、お肌にも悪い、体内の不要な成分を外に排出してくれます。
積極的にとって体の中からデトックスしましょう。

 

まとめ

 

余分な炭水化物や脂質を押さえ、上記のような栄養をしっかりとることは、美肌だけではなく、美ボディをめざし、健康を維持していくためにも重要です!

 

地道に、毎日の食生活を整えていきたいですね。